音楽葬の特徴やメリット、注意点について

音楽葬は、お葬式が行われている間じゅう音楽を流すといったお葬式のスタイルであり、特に宗教的な形式を取らない自由葬、または無宗教葬の一種です。
流される曲は、故人が生前好きだったものが選ばれ、生演奏が行われたりCDなどが使用されたりします。
形式には特に決まりはなく、宗教的な形式を全く取らない場合もあれば、宗教的な形式で焼香や献花を行う場合もあると言えるでしょう。
音楽葬のメリットは、従来の形式にとらわれず自由に行えるということがまず挙げられます。
ですので、宗教にあまり意味を感じない場合や、個性的な式をしたい場合などに向いていると言えるでしょう。
また音楽葬は、家族が自分たちでお葬式を行うという意識が強くなるため、より充実したお葬式になると言えます。
一方で注意点としては、音楽葬は新しいスタイルのお葬式であるため、周りの理解が得にくい場合があるということが挙げられます。
ですので、いきなり行うのではなく、あらかじめ親族などに十分相談して理解を得ておくことも重要でしょう。